セミリタイア(Fire mini)計画進行中

- 苦渋に満ちた社畜ライフへピリオドを -

【月収】日常に労働を詰め込む30代前半男の稼ぎ(2022年3月)

f:id:fi35:20210517212700j:plain

もるとです。

2022年3月の収入を集計しましたので公開していきます。地方都市、電機メーカー派遣営業マン&フードデリバリーの二刀流の収入をとくとご覧下さい。

 ↓ 目次 ↓

2022年3月の月収まとめ

まずは先月の収入の振り返りです。
参考記事:【月収】日常に労働を詰め込む30代前半男の稼ぎ(2022年2月)
総収入が431,530円で手取りは371,798円でした。

続いて3月の本業収入と副業収入を集計します。まず給与収入はこちら。
参考記事:30代前半スキル無しの派遣社員が稼ぐ給与額(2022年3月) 
公開している通りですが、総支給額が336,482円で手取りが277,021円でした。


もう一つの重要な収入源であるフードデリバリー。
こちらはこんな感じで着地しました。

報酬:146,243円(オンライン時間:90時間42分、配達件数:222件)

時給換算すると約1,612円。2月は1,453円でしたから時給アップという結果になりました。3月はけっこう鳴りが良かったですね。一時間あたり配達件数も2.5件ほどはあります。家でのダラダラ待機状態も含めてこの件数のため体感的には時間3件くらいは配っていた感覚です。

もう少しで15万近くまで売上もあがりそうでした。が、ということはつまり会社の方であまり稼げていない(残業が少なかった)ということでもあります。
がっつりと天引きされている社会保険料のことを考えると複雑な気持ちになりますが、食い扶持を確保できていることを喜ぶことにしたいと思います。まぁこうやって会社と違うところでまとまった稼ぎを得られるフードデリバリーがある時代になって本当に良かったです。

3月の月収結果

ということで、3月の収入をまとめます。

 控除前総収入:482,725円

 手取り   :423,264円

3月はフードデリバリーが堅調だったこともあり手取りで42万超とぼちぼちいい結果を残すことができました。ありがたいことです。Fireへの糧にしていきたいと思います。

このありがたい月収が続くのも最長で残り7ヶ月

派遣の更新が無事に済んだため、とりあえず6月末までは雇用が約束されています。しかしそこで延長された場合でも残りは3ヶ月ということでわずかです。次の職では給料は大幅に下がることでしょう。

恐らく時給は1,200円~1,500円くらいになるかなと思っています。年収も430万円から250~300万円ほどのレンジでダウンとなると考えられます。つまり月収はデリバリー込みでも良くて30万前後がいいところです。

こういったことが予想されるからこそ、それまでに資産を積み上げておかねばなりません。資産をというよりも種銭をということですかね。きっちりとスノーボールが作れてさえいたら、来る上昇相場の時にグッと資産額は持ち上がることでしょう。2,500万~3,000万まで到達すればひとまずゴールかなと思っています。

とはいえ、そんなうまくいくことばかりでもない。アップサイドがあればダウンサイドも存在する、それが相場です。特に今年の相場はカオスな状況です。一年が終わった時には「今までのどの一年よりも濃かった。」と感じるのではないかと思います。

しっかり貯蓄していきます

考えてもしょうがないこと、自分ではどうにもならないこと。そういうことは考えない様にしないとですね。とにもかくにも、ここまで来ればもうひと踏ん張り。4月も本業にフードデリバリーにがむしゃらに精を出していこうと思います。合間にクレカの作成などのおいしいポイ活案件もこなしていきたいとことです。そして5月頭の振り返りのタイミングで自分が納得いく数字を結果として残せればと思います。

 

ブログ村やってます
ぜひポチッとしてもらえると嬉しいです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ