セミリタイア(Fire mini)計画進行中

- 苦渋に満ちた社畜ライフへピリオドを -

【モラル】ケチ上司の思わぬ言動に驚いた話【正直引いた】

f:id:fi35:20220210214920p:plain

もるとです。

ぼくはとある地方メーカーの支店で営業マンとして勤務しています。同じ支店内に上司は一人のみで基本的には何をするにもこの上司と行動を共にして仕事をするわけです。昼食なども当然一緒に取るのですが、今日のお昼にこの上司の取った行動に思わず唖然としてしまいました。

会計ミスをいいことにそのまま喫食する上司

今日のお昼のこと。
普段から昼食は会社にある食堂で上司と一緒に食べています。ぼくは手弁当ですが、上司はいつも食堂メニューから昼を取っています。上司が食堂の会計の列に並んでいる間にぼくは席を取ってスタンバイしています。

今日もいつも通り席を確保したぼくはスマホを眺めながら上司の到着を待っていました。そこに現れた上司は開口一番にこう言います。

「これ、250円やったけど会計ミスやな。」

上司のお盆に目をやると80円の小鉢二つに、丼物が一つ。丼は普通盛でありとても90円の代物には見えません。甲高い声が特徴の会計の名物おばちゃんがミスったのは誰の目にも明らかです。しかし、上司が続けざまに放った一言に思わず耳を疑いました。

「ラッキーやったな、神様は見てるなwww」

これを周りにけっこうな人がたくさんいる中続けざまに普通の声のボリュームで話したくる上司に思わず唖然としました。というか恥ずかしくて席を移動したい・・と思いながらもそういうわけにもいかず「ハハ・・」と乾いた声で笑いつつ不本意ながら共に食事を始めることになりました。正直ドン引きです。

気持ちはわからんでもないよ、だけど・・・

まぁ確かにわかるんですよ。明らかに400円オーバーするだろうというのが半額で食べれるんだから幸運が降ってきたというのもわからんでもないです。会計の人のミスという不手際もあるのですから、黙って食べてしまうというのも一つの手ではあるんでしょう。

しかし、それは盗みですやん。明らかに間違っているのを訂正せずにそのまま会計してしまうって、それはその意識がある時点で良くないことをしているわけなんだからそれは良心が咎めないのかと。盗んで食う丼はうまいのかと。

百歩譲って会計をちょろまかしたとしても、せめて自分の心の中にしまっておけばいいものを。なんでそれを周りの人に聞こえるようなボリュームでワーワー話せるのか。50にもなるおっさんがそんなことして恥ずかしくないのかと。

そもそも普段から曲者の上司ではあるがここまでとは

この上司、けっこう困ったちゃんではあるんですよね。

・自席で大きな音でげっぷをする(斜め前の席の女性事務員の顔w)
・やたら距離感が近く、口から酒とにんにくの匂いがほぼ毎日する
・毎日5分遅刻、週一は休みかAM休を突発でかます
・「お前は高卒だから制度上出世はできないと上司に言われている」と発言
・絶望的なまでのIT音痴
・気分屋で感情の浮き沈みが激しく、せっかちでイライラしがち
・年下の同僚をガールズバーをおごらせる目的で電話で呼び出す
・酔ってガールズバーの女の子に抱きつく

ざっと上げるだけでもこのくらい出てきます。ぼく自身2年半ほどの付き合いになりますが、幾度となく「めんどくさいこと言ってくるな」と悩んできました。おまけに会社に行っても直接仕事のやり方を聞けるのはこの人しかいないため、これまでのどの仕事場よりも仕事を覚えることに苦労しました。・・仕事に関してはまだ覚えれている自信はないですねw

とはいえ、今回の様な明らかにモラルを疑う様なことを素面でされるとげんなりとします。ぼくはいわゆる「乞食情報」、過剰なまでの節約方法を色々追いかけていますが、あくまでそれは社会的なルールを守ってのことです。しかしその辺をガン無視して自身の利を求める様になると、それは人として大切なものを失ってしまっているのだと思います。もはや”害人”と言える領域でしょう。

そんな上司、この春に異動するらしい

まさかまさかではありますが、どうもこの上司は都市部への異動が内定している様です。もうあと一か月半ほどでお別れなんですな。正直ホッとしている気持ちが大きいです。

とはいえ、後任にどんな人が来るのかということを考えるとそれもまた憂鬱。せっかくあと半年ほどで辞められるのでなんなら慣れた環境の方がまだ良かったかなという気もします。あれかな、上司、悪いところばかり目についてた気がするけど、本当は嫌いじゃなかったのかな、ハハハ・・・。

ブログ村やってます
ぜひポチッとしてもらえると嬉しいです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ