セミリタイア(Fire mini)計画進行中

- 苦渋に満ちた社畜ライフへピリオドを -

【地酒】福岡にある浜地酒造(杉能舎)の日本酒と名物ビールを紹介するよ

もるとです。

三度の飯より一杯の酒。そんな投資家諸兄も多いのではないでしょうか。今の季節は酒造では蔵開きもたくさん行われており酒飲みには非常に嬉しいシーズンとなっています。

さて、ご多分に漏れずぼくも大の酒好きです。毎晩の晩酌(トップバリュビール)は欠かせません。が、しかし今日は福岡でも有名な蔵元のクラフトビールに思わぬご相伴に預かる機会がありましたのでご紹介します。

杉能舎(すぎのや)とは

福岡の西区に浜地酒造という蔵元があります。
参考:杉能舎(すぎのや) – ふくおかさん家のうまかもん


大自然で有名な福岡県糸島市のすぐ近くに位置する酒造です。

この酒造は蔵元であるため当たり前ですが日本酒を作っています。

特にフラッグシップである「九州大吟醸 薫酒」は濃厚でうまい酒です。

f:id:fi35:20220211231036p:plain

しかし浜地酒造にはもう一つの「顔」があります。それはクラフトビールの名手というものです。いや、むしろ「杉能舎」ブランドで展開しているものはお酒よりもクラフトビールの方が有名となっています。「浜地酒造」の名前は知らなくても、「杉能舎」と言えば高級ビールとして認知されています。

「杉能舎」の出来立てビールを飲んでみた

ビールは鮮度が命と言われる飲み物です。アサヒが工場直送シリーズにこだわっている様に新しければ新しいほどキレや旨味がダイレクトに感じることができる飲み物です。

今日、我が兄夫婦が偶然浜地酒造を訪れておりその時に杉能舎の蔵元でしか購入できないビールを買ってきてくれてご馳走してくれました。

f:id:fi35:20220211231723j:plain
色が濃いのが伝わるでしょうか。ビールの原液とも言える瓶詰めです。早速グラスに注いでいきます。

f:id:fi35:20220211231840j:plain
何たる濃ゆさ。立ち上るクリーミーな泡。香りを取るとオレンジっぽい柑橘系の甘い香りが鼻の奥をくすぐります。

・・・うまい、まるでジュースの様な・・

もう待てませんとグラスを一口。口に含むともうフルボディ。濃厚な甘みと後味にホップの苦みを感じます。そしてアタックはなめらかで甘さすら感じますが、のど越しのキレはキリッとしていい味です、とにかくうまい。

f:id:fi35:20220211232244j:plain
いやーたまらんです。

蔵元の新酒もうまし

さらに新酒「しぼりたて」も買ってきてくれておりこちらも頂いていきます。

f:id:fi35:20220211232407j:plain
飲んでみると甘くふくよかなお味。兄貴の嫁さんが評するに「レディーキラー」とのことで口当たりの良さにグビグビ飲み進めバタンキューしてしまいそうなお味です。いやこれもうまかった。ただその後気持ちよくなってしまいしばし寝落ちしてしまったのですが・・。

f:id:fi35:20220211232620j:plain
つまみで頂いたローストビーフも最高でした。レモンサワーまで飲んでしっかり酔っぱらいました。

良い酒は人生を豊かにする

もともとワインが好きでしたが、20代半ばからビールも愛飲し始めました。基本は安酒ばかりですが、たまにこういった良い酒を飲むと「あぁ酒が飲める幸せだ・・」と幸せな気持ちになります。これからも体を壊さない程度に程よく嗜んでいきたいものです。

福岡の西部に遊びに行くことがあればぜひ浜地酒造を訪れてみて下さい。蔵元の美味しいお酒が堪能できること間違いなしです。

 

ブログ村やってます
ぜひポチッとしてもらえると嬉しいです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ