セミリタイア(Fire mini)計画進行中

- 苦渋に満ちた社畜ライフへピリオドを -

【正論破】大ベテラン技術者をポッと出の派遣がやり込める

人差し指, 大きい, 小さな, 解釈, 優勢, 圧倒的, ルール, 特大, 告発, 債務, 抑圧, 抵抗

もるとです。

 

昨日のブログにも書いた通り、ここのところ仕事では憂鬱な日々が続いています。

中でも懸念しているのは、客先と設計者で問題を起こしている案件。

設計者が製作する図面について客先仕様が反映されておらず、客がキレる一幕もありかなりまずい展開になっています。

 

★★★ ★★★ ★★★

 

この設計者、腹が立つのは自分のミスの時は謝ることをしない。

その癖相手がミスをすると激しい剣幕でそこを追及してきます。

技術的な細かいところはわからないので最初の内は「そんなものなのかな」と思っていましたが、それが崩壊する出来事が今日ありました。

 

なんと設計者が出してきた提出物に一部明らかなミスがあったのです。

内容は物件の名前や注文番号を間違えるという単純なミス。

恐らく他の物件のものと間違えて送ってきたと思われますが、普通はやらないようなミスでした。

 

ただ、そのことについては特に怒るわけでもなくやんわりと再提出を依頼しました。

そして程なくして再提出してきたわけですが、謝罪の言葉は一言も無し。

おまけに同時に連絡していた他の必要提出物に関し「どの様なものを提出すればいいですか?急に言われても年内の提出は無理です」とのたまわってきました。

(ちなみにその内容は三ヶ月前にメールで丁寧に書き方サンプルまで付けて作成依頼していたものです。)

 

ここでキレました。

 

熟考の末、設計者へ返信メールを打ちます。

まず間違えていた図面に関しての再提出についてはお礼を。

そして、サンプルまで送っていたのに把握していない必要提出書類に関しては、過去に送ったメールを添付し「以前この通り見本まで送っています。」と添えます。

 

さらに、「この他にもすでに連絡しているにも関わらず今さら”わからない”と言ってきている内容が複数有ります。一度全体の内容を把握・整理して下さい。」と一言付け加えて返信しました。

ド正論、ド真ん中に投げ込みです。

 

普段ここまでストレートな文章を打つことはまずありません。

それだけにメールを送った後はスカッとしましたね。

ちなみにその後の返信は来ませんでした。

果たして明日以降、どんな返信が来るのか楽しみではあります。

 

★★★ ★★★ ★★★

 

自分のミスには甘く、他人のミスには厳しい。

こんなの最悪です。

でも年を取ったり、経験を積み重ねるとそういう風にもなったりするのでしょうか。

そうではない部分が大きいと思います、結局は人柄でしょう。

 

件の設計者は恐らく50手前の年齢だと思いますが、役職無しです。

ちなみに派遣先の会社はこのくらいの年齢で主任級で若干落ちこぼれ、基本は参与や課長級の方が多い印象です。

派遣社員が正社員の役職に物申すのは変な話ですが、つまりはそういうことなのかもしれないと思います。

 

人からの評価、というのはFireを目指す人間としてはまったく気にしない部分ではあります。

でも他人への接し方、特に自分よりも弱いと思える方への接し方という面では、良い方良い方へ成長していくのが好ましいのは言うまでもないことです。

自分自身、多大に横着なところはありますがこういった機会によい反面教師を見つけたと思いつつ人間としては成長していければと思いました。

 

さて、この経験を通し少し肩の力が抜けた気はします。

とりあえずこの調子を継続し、今の稼ぎの良い職場でいけるところまで乗り切っていきたい。

そして資金を少しでも多く積み上げ、大きな目標であるセミリタイア達成へ向け前進していきたいところです。

 

ブログ村やってます

どれかポチッとしてもらえると嬉しいです^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ