セミリタイア(Fire mini)計画進行中

- 苦渋に満ちた社畜ライフへピリオドを -

FIRE時の資産額、意外に少ない方がマジョリティ?

もるとです。
なんとなしにネットサーフィンをしているとこんな記事を目にしました。

news.mynavi.jp

この回答の結果、けっこう個人的にはびっくりでした。

マイナビニュースの記事より引用

社会人として働き始めてからリタイア(もしくは独立)するまでにかかった年数を教えてもらったところ、「15年~20年未満」(25.8%)が最も多く、次いで「20年~25年未満」(24.4%)、「5年~10年未満」(17.5%)と続く結果に。リタイア時の総資産については、「2,000万円未満」が最も多く42.2%。次いで「2,000万円~2,999万円」(14.6%)、「5,000万円~5,999万円」(13.1%)と続き、「5,000万円以上」の資産があったという人は26.0%と、潤沢な資産を持つ人は上位を占めておらず、平均的な貯蓄額でリタイアを決めた人が多いことが明らかに。

「42.2%って、みんなけっこう低資産FIREしてるじゃん!」と驚きましたね。というのは、セミリタイア界隈にいるとだいたい2,000~3,000万くらいで辞めるべきかを葛藤し始める人が多い印象です。実際のところ、400万FIREとかけっこう否定的な意見があふれるわけじゃないですか。

news.yahoo.co.jp

ところがこの結果からすると世間の意見もセミリタイアラーの意見もどこ吹く風、けっこうな人が”2,000万円未満”でリタイアしているってことです。つまりゆうすけ氏みたいな人は表に出ることが少ないだけで、リタイアを志す人にはそれなりの数の同じパターンがある可能性も高いです。

しかもそちらの方が実は多数派。これはけっこう面白い結果なのではないでしょうか。一個気になるとしたら2,000万円未満のデータ詳細があればなお良かったです。500万と1,500万ではけっこう感覚は違う気もしますからね。

★★★ ★★★ ★★★


まぁ、いくらでリタイアするかなんて人の意見を聞いてもしょうがないことです。それぞれ状況が違うことに加え人的資本の価値も異なります。他人にリタイア時の資産を決めてもらうことはできませんし、そもそもそんなことをするのはナンセンスというものです。

ただ「いけそうな気がするけど絶対額としての資産が少なすぎるな・・」なんて思う必要はないんじゃないかと記事を読んで思いました。人には人の数だけリタイアがある、大切なことは自分で納得のいく道を歩むことであってそれに資産額は関係ない。

リタイアを志す人はそもそも自分の意見をしっかり持っていて、他人に過度に影響されることがないからこそ、こういったデータも出てきたのかもしれません。個人的にはちょっと勇気づけられる結果でした。

「人には人の数だけリタイアが」とか言いつつ、周りを何となく見て雰囲気を読もうとしている証拠ですね(笑)ということで今後も自分なりのリタイアへ向け引き続き邁進していこうと思います。

 

ブログ村やってます
ぜひポチッとしてもらえると嬉しいです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ