セミリタイア(Fire mini)計画進行中

- 苦渋に満ちた社畜ライフへピリオドを -

相場は再びの荒波、総悲観の雰囲気はすでに出てきた

もるとです。

マーケットが荒れています。本日の朝時点での米国株はかなりの下げ方でした。さてさてどうなっていくか、このまま下げ基調は続くのか。毎日がスリリングです。

下値を試す展開のS&P500

今日の朝を終えた時点での株価はこの様になっています。

f:id:fi35:20220308213542p:plain

年初来で見てもこの半年で見ても一番底値に近くなってきました。一年チャートで見ると昨年6月頃の株価水準となっています。

f:id:fi35:20220308213433p:plain

つまりは最近相場を始めた人にとってはかなり苦しい展開となってしまっているということです。安値で積み立てるより高値で積み立てた期間の方が長くなってしまっているからですね。さらに積立てならまだしも一括で投資をしてしまったのであればかなりきついものがあることでしょう。

続く経済制裁に態度を硬化させるロシア、戦闘の激化・継続

非友好国リストに日本 ロシア、制裁に対抗:時事ドットコム

ロシア政府は7日、プーチン大統領が5日に署名した外国債権者に関する大統領令に基づき、ロシアに対して「非友好的な国家・地域」のリストを承認した。リストには米国や欧州連合(EU)などとともに、日本が含まれた。ウクライナ侵攻を受けた対ロシア制裁への対抗措置とみられる。
発表によると、非友好的な国・地域の債権者に対しては、ロシア政府や企業、国民はロシア通貨ルーブルで債務を支払うことが可能になるという。1カ月当たり1000万ルーブル(約800万円)を超える支払いに適用される。

ロシアからお金を借りていた国が経済制裁という名目で返済をしないという少し笑えるニュースもありましたが、何だかこの話も似たり寄ったりですね。今まさに誰も欲しくない通貨であろうルーブルで借金を返済するとは・・。

経済制裁を受けるロシアの受けるダメージは言わずもがなですが、同時に我々の経済にも大きな影響を与えるのは必至と思われます。最近はどう考えても景気は後退するイメージしかありません。長い不景気が来るのだろうと思うと少しばかり憂鬱になります。

「どんなことがあってもおかしくない」という意識が少し出てきた

コロナに引き続き非常に野蛮な侵略戦争と、とても現代とは思えないような状態に全世界が直面しています。人類はどんな困難も最終的には乗り越えていくんでしょうが、その途中では大きな代償や痛みを伴う出来事がある、そして運悪くそれに巻き込まれてしまう可能性もある、ということ。ニュースを見ているとそんなことを思います。

早く世界が平和を取り戻し、今より多少は安心できる社会に戻ることを願うばかりです。

 

ブログ村やってます
ぜひポチッとしてもらえると嬉しいです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ