セミリタイア(Fire mini)計画進行中

- 苦渋に満ちた社畜ライフへピリオドを -

【宿泊記】The OneFive Villa Fukuoka(ザ・ワンファイブヴィラ福岡)のリバービュールーム、アフタヌーンティーのスイーツが最高です

もるとです。
先日、休みを利用して気になっていたホテルへ泊まってきました。福岡の春吉という場所にあるThe OneFive Villa Fukuoka(ザ・ワンファイブヴィラ福岡)というホテルです。

www.hakatahotels.co.jp

結論から言うと最高のホテルでした。宿泊の感想を写真多めに熱く語りたい・・ということで4,500文字超でレビューしていきます!!

 ↓ 目次 ↓

天神とキャナルシティの間くらいにある川沿いのホテル

中州の飲み屋街の近くに那珂川とい大きな川が流れています。今回のホテルはその川沿いに位置しています。


さて今回宿泊するのは、このホテルの最上階のお部屋です。と、言いましたがこのホテルは6階建てとなっており、最上階と言えど高さはそこまで高くありません。そのせいか一泊の金額も比較的お値打ちとなっています。気になる宿泊料金は記事の最後に。

部屋はこだわりのリバービュールームを予約

今回一番こだわったのは部屋から見える景観の良さ。ということで窓がすべてガラス張りのリバービュールームを予約しました。ホテル公式サイトよりお借りしたイメージ写真はこんな感じ。デラックスキング リバービュー
キングサイズベッドにきれいなガラス張りの窓。ちなみに向かい側に見えるホテルはグランドハイアット福岡です。福岡を代表するホテルですね。

さらにこのホテルにはもう一つ売りがあります。それがアフタヌーンティーのサービス。

f:id:fi35:20220409165009p:plain

このアフタヌーンティー、なんと宿泊するとどのプランにも無条件で付いてくるのです!これだけでも泊まる価値三割増しな太っ腹なサービスです。

実は今回の宿泊の目的は同伴者の誕生日お祝い。せっかくなら普段あまり行かないようなところで少しばかりの特別な気分を味わってもらおうと計画したのでした。ということでワクワクしながらホテルへ向かいます。

入口へ到着、オシャレでいい感じ

f:id:fi35:20220409162843j:plain

オレンジの看板とおしゃれな文体のサインが目を引きます。植物のグリーンの感じや大工仕事の木のぬくもりを感じられるところもいいですね。

f:id:fi35:20220409162935j:plain

ちなみに真向いには同じ系列のホテルがあります。こちらはThe OneFive Terrace Fukuoka(ザ・ワンファイブテラス福岡)。美味しいお茶を頂けるという一押しのサービスがある様です。いつかこっちも行ってみたいですね。

f:id:fi35:20220409163133j:plain

入り口のドアを開けるとこれまたすてきなオブジェ。リゾート感あふれる感じ、いいですねぇ。非日常な感じで入口からテンションをあげてくれます。

f:id:fi35:20220409163317j:plain

そのまま上を見上げるとこんな感じの照明が。内装のセレクト一つ一つにもこだわりが見えます。こじんまりとしたロビーですがとても良い雰囲気です。

館内の様子

1階のフロントでチェックインを済ませ、お部屋へ向かいます。と、「アメニティはロビーのみにございますので自由にお取り下さい。」とフロントマンからの一声。

f:id:fi35:20220409163626j:plain

コーヒーや緑茶が置いてあります。

f:id:fi35:20220409163640j:plain

衛生用品も充実。

f:id:fi35:20220409163727j:plain

化粧水や乳液もあります。使ってみましたが、保湿感があってとても良かったです。

一通り調達し、いざお部屋へGO。エレベーターに乗り込みます。

f:id:fi35:20220409163919j:plain

f:id:fi35:20220409164303j:plain

6階へ到着しました。

f:id:fi35:20220409164030j:plain

カメラのせいでちょっと暗く写っていますが、廊下は普通に明るいです。

f:id:fi35:20220409164112j:plain

本日のお宿に到着。

f:id:fi35:20220409164156j:plain

部屋のドアを開けるとまたすぐにドアが見えます。しっかりお部屋と玄関が分かれているスタイルです。

f:id:fi35:20220409164352j:plain

入ってすぐ右側にある簡易的なクローゼット。なぜか自撮り用のライトが完備してありました。お部屋からYouTube配信もバッチリ可能です。

いざ、お部屋へ!!

f:id:fi35:20220409164553j:plain

「広い!すごく広い!ベッドでかい!!テレビもでかい!」

思わず取り乱すほど広いお部屋です。期待を外さぬ良い部屋でテンションMAX。

f:id:fi35:20220409164812j:plain
ゆったり座れるソファが置いてあります。すでにアフタヌーンティー用のセットが準備されていました。

f:id:fi35:20220409165204j:plain

ベッドも大きいです。枕が2個とクッションが1個。これまた非常にぜいたくな寝床です。

お部屋の備品・設備・水回り・部屋着

さて気になるところをチェックしていきましょう。まずはトイレ・バスから。

f:id:fi35:20220409165416j:plain

個室式のトイレです。新しくてきれいなトイレでした。清掃もばっちりされている様です。

f:id:fi35:20220409165526j:plain

洗面台も鏡が大きくて良かったですね。必要なものは一通りそろっています。

f:id:fi35:20220409165619j:plain

このシャンプー達、いい香りがするんですよね~。少し前に宿泊した別のホテルでも採用されていました。流行ってるのかな?

f:id:fi35:20220409165847j:plain
ドライヤーは申し分ない風量でした。

f:id:fi35:20220409165713j:plain

続いてはお風呂です。広々とした湯船は足もしっかり伸ばせて快適でした。滞在中に4回ぼくは入りましたね・・普段はシャワーのみなので入浴できるのは最高です。

さて、お部屋に戻ります。

f:id:fi35:20220410150625j:plain
コップ類はこのラックに積まれてあります。アイスペールやソムリエナイフもあるのでお酒を飲む人にはいいですね。そしてミネラルウォーターが2本あるのはポイント高し!!早速冷蔵庫に入れて冷やしておきました。

f:id:fi35:20220410150754j:plain

夜はビールなども入れていましたがしっかり冷えていました。コンパクトながら必要十分なサイズです。段もあるのでちょっとしたものを載せることができます。

f:id:fi35:20220409165920j:plain

ケトルはデロンギデロンギってかっこいいですよね。ミーハーなぼくはこういうのが大好きです。

f:id:fi35:20220410150358j:plain

部屋着とタオルです。部屋着は着用するとこんな感じです。

f:id:fi35:20220410150442j:plain

ワンピーススタイルでした、着心地は良かったです。足がお見苦しく申し訳ありません、そして欲を言えば個人的にはセパレートタイプが良かった(笑)ちなみにぼくの身長は174cmです。

f:id:fi35:20220410155949j:plain
テレビはハイセンスの壁掛けタイプ。サイズが大きくて良かったですね、55型くらいでしょうか。ベッドから寝そべって見てると極楽でした。

Wi-Fiをチェック

快適なホテルの条件にすばらしきWi-Fiがあるとかないとか。海外に行く時はかなり重視するポイントにはなりますね。さて、このホテルの場合はどうか。いざ、スピードテストの儀。

f:id:fi35:20220409170123j:plain

・・・あちゃー。回線は芳しくないようです。しばらくネットサーフィンしてみましたが接続が遅すぎてタイムアウトしていました。こりゃいかんと、楽天モバイル回線に戻してみるとこんな感じ。

f:id:fi35:20220409170209j:plain

どっこいどっこいですが楽天モバイルの勝ちという結果に。ここはもうひと踏ん張りホテルさんには頑張って頂きたいポイントです。

部屋の眺望が期待通りナイス!!

Wi-Fiが遅いのなら自前の回線を使えばいいじゃないそもそもネットサーフィンをしにきたんじゃないじゃない、と気を取り直しカーテンを勢いよくオープン!!

f:id:fi35:20220409170357j:plain

見て下さい、この川とキャナルが一望できる景観を!これだよ、これこれ素晴らしい!と一気にご機嫌モードに。これは夜は期待できそうです。

f:id:fi35:20220409170452j:plain

逆側はこんな感じです。うん、遊郭が見えますね。こちらはあまり見なくても良いかな・・。とはいえ、ベッドの向き的に目にするのは自然と一名目の写真の景色なので問題なしです。

f:id:fi35:20220409170639j:plain

テレビを付けてベッドに寝転がり足を投げ出します。あぁ、この瞬間が最高・・。ということでここでしばしの休憩。アフタヌーンティーは19時ごろにルームサービスで頂く様に予約しました。それまで軽く飲みに行ったり買い出しをしたり入浴をしたりと楽しく過ごしていました。

fi35.hatenablog.com

アフタヌーンティーを目と味わいで楽しむ

外出から帰り、そうこうしている内にいつの間にか外は暗くなりすっかり夜の雰囲気に。ベッドから外に目をやると・・。

f:id:fi35:20220409170948j:plain

おほーきれい!!さらにベッドから降りて窓辺へ近づくと・・!

f:id:fi35:20220409171034j:plain

キャー抱いて!!なんて空耳が聞こえるくらい川と照明のコントラストがきれいです。来てよかった~となりました。(間違ってもここで「コーラの広告が見えるね。ダウとS&P500採用企業だよ、さすがきれいだね」なんて言ってはいけないです、はい。)

と、そこへ「トントン」とドアノックの音が。ついにヤツがきたか・・!と思いつつドアを開けに走ります。すると「失礼します~お誕生日おめでとうございます~!!」とホテルの方がご入室。アフタヌーンティーがご見参!

f:id:fi35:20220409171620j:plain

どうですか見て下さい、この立派な三段積みのスイーツ達!!ストロベリーティーまできちゃいましたよ、これには同泊者もテンションぶち上げです。

f:id:fi35:20220409171821j:plain

f:id:fi35:20220409171847j:plain

f:id:fi35:20220409171915j:plain

誕生日のお祝いということでプレートをサービスして頂きました。ホテル側へは事前にご相談していたのですが、こういうちょっとしたサプライズも快諾して下さり本当にホスピタリティが高かったですね。ホテルのスタッフのみなさんには御礼の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

スイーツのお味ですが、美味しかった!!もうどれ食べても本当に美味しい。季節柄いちご尽くしという感じでしたが、いちごの良さが引き出されていて素晴らしかったです。いちごの甘酸っぱさがクリームやチョコの味わいと見事に融合していました。ごちそうさまでした。

次の日の朝までゆっくりステイ

その後はリバービューを眺めつつ就寝。翌朝、チェックアウトは11時でしたので起きた後はゆっくりと過ごします。まずは入浴、朝一で入る風呂は最高です。その後は紅茶を飲んだりしつつ、朝ご飯を食べようかなと思いウーバーイーツのアプリを開きます。

・・が、なんとここで予想外の事態が。

f:id:fi35:20220410151636j:plain

これは配達員が少なくてパンクしてるときに表示されるヤツ・・!!まずい!注文できないのか?!まさかの朝食難民か・・!??

f:id:fi35:20220410151740j:plain

あかん、おわた・・。マクドナルド、見事に注文できませんでした。やられましたね。。

まぁ配達員を副業でしている身としては、金曜日の朝は意外と注文が多い(or配達員が少ない)というデータを取れたのは良かったです。今後の稼働に活かせそうですと転んでもただでは起きないを発動し溜飲を下げることに。ということで最後は近くにあるセブンイレブンで簡単な朝食を取り、チェックアウトの11時までゆっくり過ごしホテルを後にしました。

総評:少し若者向けだが記念日にお勧め、コスパ

決して高級感があるというわけではありませんが、「きれいめカジュアル」な雰囲気のホテルです。リバーサイドというロケーションの良さと部屋の広さで気持ちよく宿泊することができると思います。

ちなみに、部屋の向きはリバーサイド向きと玄関がある道路向きがありますが、道路沿いは車や通行人の音が目立つ可能性もあるためリバーサイドのお部屋がいいかと。予約時は確認しておくことをお勧めします。

さて、気になる宿泊料金ですが。なんと今回は二人で6,344円でした。この他に宿泊税が400円かかりましたが、それを含めても一人当たり3,372円。平日の安い日にちを狙ったというのはありますが破格で宿泊できたと思います。ということで、その他諸経費を含めた総評を。

宿泊費 :6,744円(うち宿泊税400円含む)
駐車場 :770円(ホテルから10分程度離れたタイムズを利用)
合計  :7,514円


眺望  :★★★★★

サービス:★★★★★
高級感 :★★★☆☆
価格  :★★★★★
お勧め度:★★★★☆
点数  :95点/100点

理由:部屋が広く、ベッドも大きく、何よりアフタヌーンティーサービスが素晴らしい。景観も良く、タイミングを計れば安い宿泊価格も非常に魅力的。どちらかというと若者向けだが、大人がカジュアルに使うのもアリ。

とても楽しく快適だったのでまた近々泊まりにいきたいと思います。以上、The OneFive Villa Fukuoka(ザ・ワンファイブヴィラ福岡)の宿泊記でした。

 

ブログ村やってます
ぜひポチッとしてもらえると嬉しいです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ