セミリタイア(Fire mini)計画進行中

- 苦渋に満ちた社畜ライフへピリオドを -

【フリーランスへ】日経新聞の後藤さんが独立

3/24
※記事をアップロードしたつもりが文章が消えておりました。
 アクセス頂きましたみなさま、大変失礼致しました。
 記事が消えておりましたので再度書いております。

もるとです。

日経新聞の記者である後藤さんがついにフリーランスにて独立されました。


新アカウントの方もすぐさまフォロワー数が伸びておられる様子です。
さすがは後藤さんですね。

 ↓ 目次 ↓

個人ブランド=最高の市場価値

後藤さんは元々ニューヨークで日経の記者として勤務しておられ、そこからツイッターで発信を始められました。あれよあれよとフォロワー数を増やされ、ある意見では間違いなく日本人の中ではトップクラスと言われる方もいらっしゃいます。ぼく自身もそう思いますし、毎回の投稿を楽しみにしていました。

朝起きてさらっと米国株相場を確認。通勤しながらツイッターのタイムラインを開くと後藤さんの市況解説やその日の出来事の解説のスライドが目に留まり熟読。反芻して理解を深め、会社でブルームバーグやロイターを開き話題のニュースを復習。いつの間にかこんなルーティンができあがっていましたね。

そんな後藤さん、少し前に週刊誌にもすっぱ抜かれていたようですがNYから少し前に帰国されこの春で日経を退社。青天の霹靂という感もありましたが、新しく作られたアカウントのフォロワー数は冒頭でも述べた通りすぐさま勢いよく伸びています。「日経」ではなく「後藤さん」のブランドがみんなから認知されていることの証です。個人でブランドを作られているのは本当にすごいことだと感じます。

後藤さんの魅力、速報性・旬のニュース・わかりやすくて正確な解説&スライド

まさにこれに尽きると思うのです。


「今」知りたい情報をその日の朝にはツイート。そしてコンパクトに文章とスライドで説明しておられます。ぼくは市場の片隅の片隅で小さく参加している個人ですが、後藤さんの解説には本当に助かっています。

投資ではみんなが知っていることを知らないと損害を被るということがあります。また長期で運用するインデックス投資にしても、何よりも大切なのがバイ&ホールドの力です。少々の出来事でろうばい売りしていては話になりません。

でも市場がパニックになっている時。すさまじい嵐の中にいると思う時。もちろん売却はしないと固く心に誓っていても、状況がまるでわからないと不安になるのは人情です。(まぁ下手にわかっても不安が消えることは無かったりもしますが。)

適切な情報を得て、それを自分なりに租借し受け入れ投資を続けていく。この流れの中で「適切な情報を得る」というのは難しかったりします。ブルームバーグのヘッドライン記事を読んでも中々頭に入らないというのはぼく的にはあるあるです。

それが後藤さんのわかりやすいスライドでまずは全容を理解し、その後各メディアの堅めの記事を読んでいく。この流れを経ることで以前よりだいぶ呑み込みが早くなったと感じています。

YouTubeも始められるとのことでそちらも楽しみ

じっちゃまがおむすびチャンネルへ活動の場を移されて以降、なかなか動画配信で経済をわかりやすく解説して下さる方がいらっしゃらないなと思っていました。そこで後藤さん登場、今後動画配信も注力していかれるとのことです。

非常に楽しみだなと思っています。どんな話をされるのか、どのくらいのスパンでアップロードされるのか。経済解説の新スタンダードの配信者になられるのではと思っています。今後の活躍をますます期待し、一視聴者として応援していきたいと思います。

 

ブログ村やってます
ぜひポチッとしてもらえると嬉しいです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ