セミリタイア(Fire mini)計画進行中

- 苦渋に満ちた社畜ライフへピリオドを -

キッシー・・、これはなんだい??

もるとです。

本日、株クラを賑わせている例のニュース。ほんと、がっくりとしかさせてくれない政府だなと思いました。残念です。

「高齢者にばらまいて、票集めしたろ!」

www.jiji.com

自民、公明両党の幹事長、政調会長は15日、首相官邸岸田文雄首相と会い、新型コロナウイルス感染の影響を受けた年金生活者に対する新たな給付金の実施を申し入れた。首相は「しっかり受け止め検討したい」と応じた。自民党茂木敏充幹事長らによると、給付対象は、住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金を受給していない年金生活者を想定。給付額について茂木氏は記者団に「政府で考えてほしい」と語った。

岸田首相のコメント、「しっかり受け止め検討したい」がいいですね。すでに多用し尽くされている感のあるこのフレーズ、今年の株クラでの流行語大賞を狙えるのではと思っています。

しかし問題はこういう案件ほど迅速に検討するのではということだ

少し前に「そこいっちゃう?!」と話題になった財政問題がありました。

www3.nhk.or.jp

実際のところ給付の対象になるのは就労が難しい全ての留学生が対象になる様ですが、賛否両論どころか否定の嵐となりました。個人的にもこの政策はズレているなと思います。そこにお金を使う前にもっと自国民へ大してできることあるでしょうよと。

小麦の値上げしかり、ガソリン代の補助金しかり。現政権の迷走はひたすらに続きます。おまけに選挙前にはこういったばらまき政策で票を取りに行く浅ましい行動。この新たな火種に対しどのくらいのスピード感でどういった結論を出すのか、国民としてしっかり見て結果を覚えておこうと思います。

当てにできない、どころか妨害すらしてくる様に思える政府に負けない

もちろん一人の国民として国の福祉に助けられている面も大いにあることは自覚しています。日本は比較的平和であり、街もきれいに保たれていて、秩序だった社会だからです。

とはいえ、ジリ貧になっているのは明らかです。アラサー世代は生まれてからこのかた希望的な世の中というのを見ていません。常にモヤーッと灰がかかった様にしか見えない社会を歩んできています。だから自助努力で何とかするしかないというのは常に思うところです。

サポートはしなくてもいいからせめて邪魔はしないでほしい。金融所得への一律課税なんてのはその最たるものです。とはいえ、しょせんは一個人ですから大きな国家には逆らえません。そうなると頭を切り替え、制度を理解し利用するしかない。

ということで資産を作り、来るインフレにも耐えうるポートフォリオを目指す。累進課税の世が続くなら工夫をして極力税は納めない。そういったことを愚直に考え続け行動していきたいと改めて思わされたバッドニュースでした。

余談

昨日記事にしていた「風呂からお湯が出ない!」という件。

 

fi35.hatenablog.com

今日の昼過ぎに早速業者さんが来てくれて無事に治りました!!原因は弁が二か所ほど詰まっていたとのこと。何はともあれ本当に良かったです。あたたかいシャワーを浴びられる喜びを感じています(涙)

 

ブログ村やってます
ぜひポチッとしてもらえると嬉しいです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ